サロン 竹森

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年玉宮小学校東ホタル観察記録・玉宮の自然

<<   作成日時 : 2012/06/19 15:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 標高550メートル
甲州市玉宮小学校東の
「山の神橋付近」 
天然源氏ホタル観察記録

画像

画像

上画像は観測地点の昼間の様子。


・・・・・2012年観測データ 20時頃の5分間・・・・・

6月10日(日)         0匹 
6月13日(水)         0匹
6月16日(土)         0匹
6月17日(日) 弱風・曇り  3匹   3人・・・初観測
6月18日(月) 微風・曇り  7匹   1人   カエルの合唱がやかましいくらい  
6月19日(火)                   台風4号の接近で観測を中止
6月20日(水) 微風・晴れ 13匹   7人  ナイター実施中 川の東岸北へ40b付近に群れていた。
6月21日(木) 弱風・曇り  21匹   4人  雨も一休み 蛍では寒いh日、これだけの数はピーク間近?
6月22日(金) 弱風・曇り  24匹  10人  飛翔の高さが少しずつ上がって来たので土・日はお見逃しなく
6月23日(土) 微風・曇り  34匹   8人  不順な天候、下流での河川工事があり、蛍の数は減少傾向?
6月24日(日) 弱風・雨   19匹   5人  気温は低いが蛍日和と思い出掛ける、帰路雨でズボンがびっしょり
6月25日(月) 弱風・小雨 31匹   4人  観測中は雨、徐々に雨が上がると蛍の数が上昇・・・時間オーバー
6月26日(火) 弱風・晴れ 14匹   5人  気温低い、4人でキャッチボールナイター、求愛中の蛍が可哀想
6月27日(水) 弱風・晴れ 22匹   4人  定例のナイターで数は?竹の杖を持参、帰り一回の休憩ですむ。
6月28日(木) 微風・曇り 17匹   2人  3日連続のナイター、13人で少年野球、自然派にとっては不粋だなー
6月29日(金) 無風・晴れ 21匹   3人  例年より湿度が低い蛍にとっては受難の年、土日の観察で終焉か?
6月30日(土) 弱風・晴れ 16匹  11人  蛍の数は最低か?橋の上は風が強く梅雨の湿度が体験できない

7月01日(日) 無風・雨   7匹   1人  蛍にとっては寒い日が続く、観測を開始し湿度の多い蛍日和が皆無だ
7月02日(月) 微風・曇り  12匹  6人  最終コーナーに近づく、今日は妻も見学に同道
7月03日(火) 強風・雨   ・・・・・・・・・・・・・ 雨天のため 観測は中止
7月04日(水) 無風・曇り  7匹   1人  ナイター実施中・・橋の東を北へ40bビニールハウス北端にて群れる

本年はこれにて観測を終了します。
しんどかったなー。

特記事項
   29日・・・20時過ぎより4日未体験の連続ナイター、21:30も続く・・・原発、電気、自然環境を考えると・・・。
 7月4日・・・近年の電気事情の中でナイターの是非が疑問となる、来年はこの蛍観測が出来るかなー?弱気?


・・・2011年観測記録のブログ・・・

http://salontakemori.at.webry.info/201106/article_1.html


・・・2010年観測記録のブログ・・・

 http://salontakemori.at.webry.info/201006/article_2.html

・・・2009年観測記録のブログ・・・

 http://salontakemori.at.webry.info/200906/article_5.html



画像
画像



 我が家から観測地点まで約400b
行きは下り坂で呼吸数が上がらないが
帰りは上り坂で2回は休憩する。

 情けないがリハビリをかねて
観察を続けるつもりである。
5回目の癌摘出手術から
3ヶ月と10日、
回復が遅いと思うのだが?
生あることを喜びとして、
あせることはないと
自らに言い聞かせる。

 
 さて、今年でこの地点の観察が
4年目となり、この観察記録が
積み重なるとその年の気候や
「玉宮地区」の自然環境の推移が
紐解けるかもしれませんね!

・・・・・・・・・・珍しい自然現象・・・・・・・・・

 季節はずれの台風4号が通り過ぎた
6月20日の早朝珍しい雲を発見


・・・ブログの記事を追加します・・・

画像



 6月20日季節はずれの台風が通過、
早朝から スカ天 の予感で起床!
しばらく拝めなかった富士山方向に
カメラを向けると!
普段見られない形の雲が見える。
(富士山の位置は画像向って右側)

 視線を左側に向けると
お皿を何枚か重ねたような雲も見える
空飛ぶ円盤???
(UFOのことを我々小さい時はこう読んだ)

・・・にも見えるが、右端の尖り方が
雲の姿にしては鋭角でしかも鮮明に見える。

 次の写真はその雲のアップ画像

画像



 6月20日5時46分の画像である
自然が好きで良く空を眺めるが
この雲は見たことがない
実に綺麗で、雲の輪郭がぼけていない
この姿が私にとってはアートの世界にみえる。

 浅学で雲の名称は判らないが
方向としては 「大月市」 上空ぐらいに
見えるのだが、昨晩通過した台風4号の
気象条件が、この雲を発生させたのか?

 専門家の意見を仰ぎたいところで
どなたかご教示ください。

・・・続編・・・
 20日18時のNHKの地方版ニュースでこの雲を
珍しい自然現象で “つるし雲” と紹介された。
 
 でもこの画像のようにスッキリした雲でなく
輪郭が “綿菓子のような甘い物” で
キリッとしていなかった。

 いい画像が紹介できたもんだと
 “自画自賛”


画像



 滅多に観察できない雲をみられ
今朝は心が爽快である、
昨日デジカメを忘れ撮影できなかった
この地方では滅多に見られない
蕎麦の畑に向う。

 やはり花の輝きが昨日とは大違い
台風の雨の影響もあるが24時間で
こんなに白い花の色艶がいっきに
落ちるとは・・・絶句!
 
 自然の営みは待ったなし!
先日ブログで自分で書いたばかりなのに
また書かなければいけない
 “あほな私”
今週中には収穫が始まるのだろう。
 またソバの花は来年まで・・・。

 ところでこの畑の持ち主Kさんに
どのように食べるのかを聞いたら
つなぎに長芋を混ぜて蕎麦を打つ
のだそうです・・・おもわず!

 うまそぉ〜 。


画像



 画像に写る赤い液は
種無しブドウを作る処理液

 ブログで取りあげようか
どうしようか?
結局は3年間迷ったが
今回掲載することとした。

 ブドウが房をつけ小さな粒が
300個くらい結実すると・・・。
上部をハサミで50個くらいの
数まで切って数の調整をする。

 粒が3〜5_くらいになると
この容器のピンクの液体にいれ
2〜3秒つける。
天候にもよるがこれを2回ほど繰り返すと
8月の収穫時
ブドウの実の種がなくなるのである。

 食べたときを出すのが面倒
こんな些細な人間様の要望に答えたのが
この処理方法であるらしい。

 今年から種のあるブドウを食べよう!
と、思う方は文明に背をむけ
ブータンのような生活を目指す方(笑い)

 癌の手術も5回目になると
こんな問答はいらない!!!


三河の猿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2012年玉宮小学校東ホタル観察記録・玉宮の自然 サロン 竹森/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる