サロン 竹森

アクセスカウンタ

zoom RSS 「きわめびと」 との出会い 

<<   作成日時 : 2014/05/16 16:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

「きわめびと」こんな日本語が
存在するのかは知らないが
2014年5月、「極め人」3人
との一期一会に恵まれた。

私は自分のできないことを
あたりまえのようにできる人に
出会うと その人を 「褒める」

私を知らない人はこの姿に直面
すると、おだてて何かを狙って
いると錯覚し、警戒をする (笑)


画像

                          画像解説=今朝の早朝散歩で
                          摘んできた「ノイバラ」の花、
                          私の好きな花のベストテンに入る
                          花で、細かに見ると変種に出会う。

                          『万葉集』に宇万良(うまら)という
                          名で、野性のノイバラと思われる
                          植物が詠まれていますが 私は
                          ピンクに変化した花が好きで散歩
                          する地域の何処にその変種が自生
                          しているかインプットして在ります。

                          余談ですがこの花が秋になると
                          赤い実を実らせますがこの果実は
                          漢方薬の世界では下剤・利尿薬
                          として用いられます。


きわめ人 bP 甲州市在住のK・Aさん

山梨の私の自宅のお隣に改築の仕事に
来ていた大工さん。

話しかけてみたら4年前に
「小さな削ろう会」との名称で世界5カ国の
建築業の仲間を集め、各国の伝統技術を
集結し一ノ瀬地域に小屋二棟を造り上げた。

彼は国際派の大工さんで特に現代の
機械で造る家造りに疑問を持つとともに
建てた家屋は何代にも渡って住める家を
目標にして建てていきたいと語る。

健康を害する接着剤や科学薬品を使用した
建材や断熱材を排除する事も手がけている。

なるべく手工具を使用し、造り手の心が
そこに住んでいく人に伝わる様に心がけ
家づくりを実践しているとの事です。

この項・・・続く


画像

                       画像解説=自作の竹花活け
                       昨年の夏の甲州市は気象台始まって
                       以来の猛暑日が続き・・・。
                       今年の2月14日には、これまた気象台
                       始まって以来の積雪1b40aを記録!

                       私は寒さは体に悪いので3ヶ月弱の間、
                       愛知県の自宅で静養した。

                       体調も上向き、生来の貧乏性で じっと
                       していられない・・・隣の竹林で材料を調達
                       鋸、ノミ、ナイフを使用して造った花活け、
                       総数を数えたら 38個 あった。

                       早朝散歩で手折った花は大切に持ち帰り
                       家の中に招くが、どれだけ花瓶を持ってい
                       てもベストの花瓶を探せないことが在る・・・
                       これだけ数があれば大丈夫だろう (笑)



彼は「清里の原風景」を再現する活動にも
参加していて「ナチュラリスト達」の間では
一目置かれる存在で、知る人ぞ知る名人

古材を使い、コビキ鋸で板を挽き、釘を一切
使わず、組立式の「隠れ家」「離れ」「茶室」
こんな物を建造して皆さんに提案をしている。

素晴らしい提案だが、山梨の田舎では奇人
変人扱いで見向きもされないのが現状らしい

私はもと「お道具屋」だったのでこんな提案を
20年前に知っていたら、欲しがる人を何人も
紹介できたと今になっては残念に思う。

究極の彼の活動は
「道具の原点、石斧」を使った家造りの提案で
実際に石斧で立ち木を倒し柱材を作り、ホゾ穴
を掘り、家の骨組みを造る作業をDVDであるが
その風景を見学させていただいた。

内容にはただただ感服・・・世界で通用する。

日本人にもこれだけの人がいるとは!
視野が狭い私は目が覚めた思いです。


画像

                         画像解説=我が家から西へ100b
                         イロハモミジの新緑が輝き、鴇色の
                         レンゲツツジが咲き誇った年に一度
                         一番美しかった、ベスト日の画像。

                         ここの紅葉は一度ブログに載せた記
                         憶が在るが?この花との競演は5年
                         住んでいて始めてのシッターチャンス
                         
                         レンゲツツジが例年だとモミジの萌黄色
                         の時に咲くのであまり目立たないが今年
                         のように緑が濃くなり艶が出た新緑との
                         ツツジの色の対比はお見事で、演出した
                         自然界に感謝!感謝! といったところ。



きわめ人 bQ 甲州市在住の M・T さん

5月6日我が家を訪ねてきた、先ほどの大工
さんが改築している家を店舗にして、日本の
ハーブを紹介し 「日本古来の摘み草文化」
を広めていきたいとの事!

まだ未婚の女性が語ったから、ビックリした。

細かな内装は経費が無いので自分でおこなう
壁も自分で塗る・・・スーパーウーマン の登場

出会ってから10日位するとNHKの取材があり
山梨の地方版で取り上げるときいた。

5月13日夕方6時18分から放送が在るとのこと
彼女の自宅にテレビが無いので我が家で放送
を見ることにした。

10分ほどの放映だったが「素晴らしい取り組み」
山梨県人が付いてこれるだろうか?心配になる

マスコミが取りあげたので詳しくは話さないが
「猫じゃらし」をフリカケにして食べ、ぺんぺん草
をお茶にして飲んだりする・・・こんな提案

これまた目が覚めた!厄介者の雑草を活用し、
日本古来からの 「草を摘む文化」
を継承して現代人に自然との調和を提案する!

なお驚いたのは、ほとんど独学の取り組み!
「大和なでしこ」・・・つよくなったなー と感心。

家内ともどもそのひたむきさに涙がでそうになり、

「この精神をブレさせず思い切ってやりなさい」

お金が無くて  「腹が減ったよー」・・・と
我が家に来れば
「オムスビ」くらいは援助するからネ・・・。

と 思わず約束をした私たち・・・。


画像

                        画像解説=我が家の庭の手前が
                        黄エビネランと白色が卯の花ーの
                        匂う垣根にホトトギス早もき鳴きて・・・
                        の卯の花、今がちょうど満開で見頃。

                        黄エビネは愛知県から8本持って
                        来て植えたが、この場所が気に入
                        り今では、100本を越える株が増え
                        私共のご自慢の花畑になった。

                        花が満開になるとこのあたりでは
                        日本ミツバチがやってきて蜜を吸う
                        様子が観察される、単純な仕草だ
                        がこの様子を見ていると 私の心が
                        「ほっこり」するから大好きな風景。



きわめ人 bR 横浜市在住の H・Tさん

5月11日我が家をご夫妻で訪ねてきた。

我が家には6年間弱で35組くらいの来訪
者がいたが、初回で富士山を参拝できた
方たちは(笑) 二番目の快挙となった人。

彼とは同じ趣味を持つ同好の志で心底で
語り合える友人が生まれる予感がした。

私は骨董品に対峙していると雑念が消え
頭が骨董品の時代にタイムスリップして、
一種のロマンチストに変貌!そして癌を考
えずに済むので厄介な免疫力低下をおさえ
良い方向に向う一種の療法となるようだ。

同じ趣味を持つ彼とは初対面であったがそ
の好みもすこぶる似ていた、わずか5〜6点
ほど鑑賞しただけなのに彼もタイムスリップ
が可能で、あっという間に4時間が過ぎた。

彼の凄さはその審美眼で、説明はできないが、
普通の人が鑑定するポイントが3〜4箇所なの
に「Tさん」はふた桁くらいはチェックしている。

骨董屋でも彼に勝てる人はごく僅かとみた!

・・・この項 つづく



画像

                           画像解説=竹の子と笹紅葉
                           本日撮影の画像「ササこうよう」
                           俳句では今の時期の季語となる。

                           現代人と俳句は縁が薄くなる昨今
                           旧暦で季節感を感じる風習も無く
                           日本の文化の中でも消えゆく運命
                           でも門戸を叩いてみると奥が深い。

                           正月飾りに「松竹梅」を飾るが何故
                           この3種は旧暦のお正月頃一番輝
                           いているので選ばれたそうです。

                           周りが新緑のとき、竹の葉 (笹)は
                           竹の子に栄養分をを廻す為に自分
                           の葉が黄変して代を譲るようだ!
                                                           
                               
日本の文化の最たるものは?と問われたら
私は迷い無く「茶道」と 答えます。

茶会の亭主たるものは4畳半・3畳・の空間に
全身全霊を掛けて開かれる茶会の主題に合わ
せてお道具を組み合わせ、無駄の一切無い
「小宇宙」 を表現します。

言葉で表現するのは困難ですが Tさんの
審美眼は「物」にとらわれず、精神面も洞察が
可能ではないかと私は見ています。

千利休の茶会記には事細かに「会記」の様子が
つづられていますので、この日記を読めばどんな
道具を使い、お料理は何でもてなしたかなどが
明瞭になります、一般人はここまでが限度です。

彼がその茶会記を読めば「水指を備前焼」に選定
したのは茶会の主題である ○○ の表現を
お茶碗の ○○ の華やいだ雰囲気を更に相乗
効果を狙った いわば 「逆転の発想」
そして午前の茶会で天窓からの光線を計算した
美意識から備前焼を選んだのではないか?

これくらいの答えは用意できると私はみた。


画像

                      画像解説=2014.05.17.早朝の富士山
                      この画像をわざわざ載せた理由は説明
                      不用だと思う 3人とも富士山なのだ。

                      今年の5月は夏日の連続であるのに
                      日陰や家の中にいると 「小寒いのだ」                     
                      愛知県から持ってきた、我が家の黒松
                      例年より2〜3週間ほど早く芽摘みをしな
                      ければいけない状況となってしまった。

                      松喰い虫の被害は温暖化のせいか?
                      標高600〜800bまで達している。
                      芽摘みは樹勢に負担を掛けるので適期
                      を外したら一大事となってしまうから深刻



私が60数年生きてきて、心底惚れ込んだ
人でいまお付き合い願っている人は3人。

2014年5月一挙に3人の 「極め人」と出会えた
これで倍増となったが、現在は私が「片思い」
の状況なので今後は不明だが、一期一会に感謝!感謝!

いずれはまたブログで取りあげるつもりです
読者の皆さんも、こんな出会いを大切にして
短い人生をエンジョイいたしましょう!


三河のサル


                    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「きわめびと」 との出会い  サロン 竹森/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる