サロン 竹森

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹森川のホタル観測 2015年~2016年

<<   作成日時 : 2015/06/08 15:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

甲州市竹森川のホタル観察
今年で連続7年目を迎えた。
こんなに長く続いたのは・・・
天然の蛍だからだと思う。

自然は厳しいから値打ちがある。

ここ竹森川付近に住む住民は
とんと無関心だからここも素晴らしい!

あたり前に自然があると思っていたら
いつの間にか失われつつある昨今!

玉宮地区で生まれ育った人たちは
夏が近づけば当たりまえのように
蛍が飛翔すると思っているからだ!

現実は人間の欲望で
「自然を食い潰している」 と 
私は思っているのだが・・・。

今年も自然の営みを見とどけるぞ!
そんな気持ちがむくむくと湧いてくる。



画像

                    画像解説=天然の雄のキジ 
                    早朝散歩でよく出会う。
                    桃の花とキジだから値打ちがある。
                    
                    桃源郷での野鳥との出会い!
                    ケッーン ケーンの鳴き声!
                    いまどき浮世離れした自然の中

                    なぜ人間の手が届かない自然は
                    こんなに魅力があるのか?
                    


蛍の幻想的な乱舞も同様だ
                    
きどらない自然の営みを肌で感じると
若いときに気づかなかった新たな感動
が私の心にしみいってくる。

欲望と贅沢に心を売ってしまった
現代人
便利さの代償か? さみしいなー。

追記・・・
23日早朝、新米のめおとキジと出会う。

餌をついばむメスの安全をを気遣って
警戒心一杯に首を伸ばし、私も含めた
まわりを偵察する父ちゃんキジに
しばし見惚れて立ち止まる事5分!



画像

                    画像解説=園芸種の「ホタルブクロ」
                    この花が咲く頃に天然蛍が飛翔する。
                    
                    この花房に蛍を入れ家に持ち帰った
                    半世紀以上前の幼少の心が蘇える。



・・・・・・・・・・・・・・・2015年 蛍の観測記録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

データ = 20時頃 玉宮小学校東 竹森川「山の神橋」 で観測 by三河の猿


6月07日(日) 弱風 晴れ 01匹 1人・・・身延山ホタル祭り開催の報道を見て出掛けた
6月08日(月) 微風 曇り 01匹 1人・・・家を出るとパラパラとくる、2日間肌寒いのに良く飛んでくれた
6月9日・10日・・・体調不良で休養
6月11日(木) 無風 小雨 16匹 1人・・・湿度が上がり絶好の蛍日和、数の増加に満足終末は期待できる
6月12日(金) 無風 曇り 07匹 2人・・・午後から絶好のコンディションになったが裏腹に数は減少した???
6月13日(土) 無風 曇り 15匹 7人・・・蛍の飛ぶ高さが低い、ピークはもう4・5日先か?
6月14日(日) 無風 曇り 30匹 11人・・・徐々に数が増えてきたが例年のパターンと輝き方が違う何か?

6月15日(月) 無風 晴れ 45匹 1人・・・随分と数が増えた、飛ぶ高さが低い、ピークは17〜18日の予測
6月16日(火) 微風 曇り 46匹 1人・・・見学の独り占めは痛快だが一年かけて恋人を探す蛍には気の毒
6月17日(水) 無風 雨  20匹 1人と車1台・・・かなり強い雨だがピーク日の予測の責任を感じ確認行動
                             蛍はエライ!しっかりと恋人選びを実行していました。
6月18日(木) 微風 曇り 20匹 5人・・・肌寒い日なのに頑張って飛んでいた10日程の命を大切に生きる。
                             この条件なら週末にピークの希望が現実になるかも?
6月19日(金) 弱風 曇り 35匹 1人・・・低温続きで私の予測が外れ週末にピークの期待が持てる(ナミ蛍1匹)
6月20日(土) 微風 小雨 70匹 8人・・・7年間の観測史上新記録の蛍を確認、感激!電話で家内を呼ぶ
                         昨年の観測史上新記録の大雪など最近の自然界は厳しいのに良くぞ
                         頑張ってくれた。ブログをご覧の御夫妻とも出会え今日は大満足だ!
6月21日(日) 微風 曇り 70匹 3人・・・7時45分頃にはギャラリーが8人ほどいたが20時にはカウントできない
                         車は無かったので地元の人達だと思う、郷土の誇りをご覧あれ!
6月22日(月) 微風 曇り 65匹 8人・・・今年の源氏ホタルは当たり年、今週中は見られますよ〜
6月23日(火) 弱風 雨  30匹 1人・・・冷たい雨が良く降っていたが良くぞ飛び回ってくれた、熱き恋の力か?
6月24日(水) 無風 晴れ 65匹 9人・・・スカイな五月晴れとは言わないが久しぶりの晴れ間が出た、今年は
                         ホタルの当たり年・・・週末も充分楽しめそう、嬉しくて平家ホタルの
                         観測に足を伸ばす、3匹確認した、ここは蛙の合唱がすばらしい!

本年の観測は25日で終了します、週末のホタル狩りができますように! 

・・・・・2016年の記録・・・・・

塩山竹森川のホタル観察
今年で連続8年目を迎えた。

この期間に6度の入院があっても蛍観測の
時期だけは山梨に居住する事ができた!

めぐり合わせか? ・・・いや いや
すごぉ〜い ご縁だなぁ〜

みぶるいする思いで振り返る!



画像

                       画像は「ホタルブクロ」の野生種
                       2015年5月愛知県から移植した。
                       この花房に「ゲンジボタル」を入れ
                       ガレやナンシードームの 「電傘」
                       を鑑賞するようにメルヘンの世界
                       を体験したかったからだ。
                       
最近夢に出なくなった
天国の 「父や母に」 ・・・
逢いたいな〜の願望もあるが?

蛍の幻想的な舞いを見ていると
叶えてくれるような気分になる。

・・・・・ 。                      
少女趣味かなー。 (笑)


・・・・・・・・・・・・・・・2016年 蛍の観測記録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

データ = 20時頃 玉宮小学校東 竹森川「山の神橋」 by三河のサル

5月26日(木) 弱風 晴れ 0匹 1人・・・ホタルブクロが咲いた、ひょっとするとの思いで出かける
5月29日(日) 微風 曇り 0匹 1人・・・少し寒いが出かけてみよう!・・・カラブリ
5月31日(火)  無風 曇り 0匹 1人・・・無風で蒸し暑い・・・いいコンディションだが残念

6月01日(水)  微風 晴れ 0匹 1人・・・帰り道の道中に草陰で光る(メス蛍発見) 火星が見えた。
6月04日(土)  無風 曇り  0匹 1人・・・気温がやや低いほかは良い条件だが 残念
6月05日(日)  微風 晴れ 0匹 1人・・・今夜も残念な結果・・・火星はよく見えた。 

6月07日(火)  無風 弱雨 1匹 1人・・・ようやく本年最初の蛍を発見!偶然にも昨年と同じ日だ! 
6月08日(水)  無風 曇り  3匹 4人・・・湿度が上がりよい条件が整う、道中でオス1・メス1 を確認 
6月09日(木)  無風 弱雨 4匹 1人・・・絶好のコンディションの日 道中で2匹を確認した  
6月10日(金)  微風 曇り  3匹 1人・・・玉小の体育館の照明がまぶしい、老眼の私には限度が?
6月11日(土)  微風 晴れ 11匹 4人・・・とうとうふた桁を確認できた、火星の明るさが半減して見えた 
6月12日(日)  無風 曇り 14匹 6人・・・帰りの足取りが重い・・・ホタルの行動も何かしら例年と違う?

6月13日(月)  弱風 曇り 13匹 2人・・・老眼が進んだのか?ホタルの輝きが弱く感じる、気のせいか
6月14日(火)  無風 弱雨 23匹 2人・・・体育館使用、ピークが近づいた予感がする(あくまで勘ですが)
6月15日(水)  無風 曇り 38匹 4人・・・いい雰囲気になってきた、坂尻の平家も11匹観測できた。


都合により本年は6月15日の観測でおしまいです。

昨年のピークは6月16日でした

 ほたる鑑賞のお出かけには参考にしてください。



画像

                         画像解説=我が家の庭の
                         7月に咲く「カワラナデシコ」
                         なんと今年の正月に咲いた。
                         バックに目障りに映るのは
                         我が家自慢、百年前と思う
                         「豹の毛皮」 希少品だ!
                         昨年の12月は
                         暖かい日が続き、ブドウ栽培
                         農家の人から新芽が動き出し
                         芽が膨らんだ、あと1週間も
                         こんな天気が続けば新芽が
                         開いてしまうと真剣な表情で
                         私に訴えられた、 怖い話だ
                                            

天変地異が起きるかも・・・?

そんな想いで私の誕生花カワラナデシコを
愛でながら 今年のお正月を過ごしたら・・・

いや〜な予想は的中・・・
その4ヵ月後の4月14日 熊本県と大分県で

とんでもない 大地震が発生した
被災者の皆様、お見舞い申し上げます ・・・・・。



画像

                         画像は見事な色艶のさくらんぼ
                         「高砂」といわれる品種だが
                         栽培者の
                         1、土造り 
                         2、剪定や手入れ
                         3、愛情
                         こんな見事な畑を始めてみた。
                         嬉しくなった。
                         N 司法書士の紹介で知ったが
                         これだけ気合を込めて農業に
                         従事する人に初めてお会いした
                         さくらんぼの木が有難うと言って
                         微笑んでいるかのように見えた。
                         味は・・・もちろん○○しい!
                         


2、過去のデーターと特記事項。

継続は力です、桜の満開と蛍の多い日を比較してみました

     (ホタルの数が多い日)         (慈雲寺イト桜の満開日)
     例年は6月20日頃           例年は4月10日頃頃

     2009年6月22日           ・・・・・4月1日
     2010年6月27日           ・・・・・入院中でデータなし
     2011年6月26日           ・・・・・4月12日
     2012年6月23日           ・・・・・4月14日
     2013年6月24日           ・・・・・3月28日(新記録)
     2014年6月27日           ・・・・・4月7日
     2015年6月17日           ・・・・・4月2日
     2016年6月? 日 ・・・・・4月3日



特記事項

1、 今年は川以外のところでホタルをよく見かける、何か変化があったのだろうか?

2、 6月9日20時半頃ブログの入力を終えて窓を閉めに行く、庭に光るものを発見!
   なんと源氏ホタルが飛翔しているではないか?初めての体験だが 直感で天国
   の誰かが遊びに来たに違いないと考えた・・・。 感傷的な見方が増える昨今だ!

3、 11日、気がかりなこと2点、例年なら橋より下流からホタルが増えるが逆に上流が
   今日は多い、もう一点はホタルの飛翔する高さがだんだん高くなってピークを迎える
   のが常だが、本日はいきなり高く飛ぶホタルを3匹確認した、これは例年と違う現象だ!



画像

                     画像解説=新米パパ「けんた」
                     6月4日AM6時32分
                     我が家の15b南で遊んでいた。
    
                     自然に感謝しなければならない

                     
特記事項つづき

4、 早朝散歩で野生の雉「けんた」と15bの至近距離で出くわす、しばらく静止して様子を見る
   私の存在に気づき、はばたきをして「ケーン ケーン」と警戒音を発する・・・「けんた」は新米パパ
   つれあいと女の子のお父さん! 私は後退りして今日の散歩コースを変更した。
   6月4日我が家の前で遊んでいた「けんた家族に」 また庭先で合おうぜ!と 約束をした。
 
5、 15日は絶好のホタル日和、坂尻の平家蛍は例年並みに飛翔した蛍が観察できた・・・ありがとう!

6、 都合により2016年の観察は15日で終了となりました、また来年!


三河のサル。


画像

                    画像解説=珍種 「八重咲きのドクダミ」
                    Aさんから頂いた・・・殖やすぞ〜 !

                    よく観察したら「花びらに赤い小さな斑が入っている」
                    突然変異なのだろうが「白地に赤」なにか縁起が良い。



・・・・・・・・・・・・・・・・・ホタル観察の特記事項・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、6月7日早くも蛍を確認できた、ゲンがいいぞ!幸運にあやかり今年は
  平家ホタルが飛びたつ前の「水中で光る様子」を確認したいな〜!

2、6月12日珍しく妻が見に行くという。高温多湿・無風なのに前日より源氏蛍の数が減少、判らない?
  坂尻に平家蛍を見に行く、ここは7匹と例年のピークに近い、水中で光る蛍を観察したかったが
  水面に水草が大発生していて観察ができない。生きていれたらの話だが来年の楽しみか???

3、13日(土)さすがに見学者が多い、6歳くらいの子が「なんで蛍は光るの」?と質問するが親は答えられない
   いろいろ蛍の説明をしてあげたが帰る際に「子供さんの質問に3回連続で答えれたら発明ができる」
   こんなことを言ってお先に失礼した。・・・ちょっとおせっかいだったかなー?

4、14日(日)見学客が増えてうれしいが橋の上に駐車して見物する「車が3台」うち2台はお子様連れの家族
   この子供さんは蛍を駐車した車の中で見物することが当たり前とインプットされることがひじょうに怖い!
   車のライトやテールランプの明かりは蛍を観測する微妙な目の妨げにもなるのだが親のマナーは???

5、21日(日)川沿いにある看板に例年は6月20日ごろに蛍の大発生が見られると案内があるが今年はその案内
   通りになった「平年並み」なんだろう。オスがメスを見つけると左右にヒュッひゅうと動いて降下するが今日
   時点でその行動が見られない、今年の大発生見学はまだ期待できると予測するのだが?

6、23日お隣の僕を誘ったが時間帯が合わなくキャンセル、今年は過去7年に無いホタルの生態が観察できた
  なんと我が家の玄関まで源氏ホタルが遊びに来た、家内と「お兄さんが遊びにきたのかな〜」と話す。

7、24日、今年はすばらしくホタルの数を確認できた、地元の人達がサクラの花の咲く頃に河川清掃をして
  いただける地道な労力のお陰なのか?もっと不思議なのはナイターの電源(明かり)が一度も入らずに
  ホタルのシーズンを終えられる事と竹森川より300bも遠い我が家にホタルが遊びに来てくれた事



過去6年の蛍観察記録のページへ
http://salontakemori.at.webry.info/201406/article_1.html


画像

                         画像解説=八重咲きのホタルブクロ
                         花房の淡い紫色が美しい。

                         紫色が日本で高貴な色として指定され
                         たのは聖徳太子ということになっている。

                         しかし考古学会では「太子」は実在しなか
                         った事で一致しているが、紫色が万能な
                         儀式での色使いとされる由縁は不変だ!
                         (冠婚葬祭で両用でき皇居内でも良い)



2015年の“ホタルさん” ありがとう!

三河のサル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
竹森川のホタル観測 2015年~2016年  サロン 竹森/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる