サロン 竹森

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹森川山の神橋のホタル観察 2017年

<<   作成日時 : 2017/06/02 13:06  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

継続は力だ!
よく聴く言葉だが・・・
自分自身も感動している!

竹森川で天然ホタルの観測を始め
今年で 9年目を迎えることとなる。

午後8時、山の神橋にて約20日間
通いつづけながら観察をするのだが

この観察場所の魅力は

1、天然の源氏ホタルであること。

2、住民が当たり前の営み と捉えている事。

3、自然界のドラマが私の独り占めで堪能 できる事。

こんな理由があるから 9年間続けられた!
のだなー と 私は思っているのですが。




画像

                        画像解説= 煌めく満天の星!
                        陶芸家の間では夢の「耀変天目」
                        本能寺の変で信長の遺体とこの
                        耀変天目が消えた、世界に3碗が
                        現存するだけで、世界のお宝だ!

                        私の友人の大平氏が辿り着いた
                        耀変天目茶碗の最新作(画像参照)
                        約20年の歳月が 「この御茶碗に」
                        つぎ込まれている、すごーい!

                        これを手にした友人の T さんが
                        「耀変銀河天目茶碗」と命名した。
                        
                        ホタルの求愛の光と「銀河碗の星」
                        比喩して提示した私は間違いか?
                        この群星を月明かりで見ると納得
                        できるのだが。 2017年3月完成



今までにホタルを8年間続けて観測し
ブログで皆さんに問いかけてきました

昨年、観察地点である人から・・・
「日本一のデーターだね」
と 言われた事がある・・・。

その時はお世辞で恥ずかしかった
よくよく考えてみれば「山の神橋上」で
「夜8時前後に観察した記録」に 限定
すれば、その御世辞も的外れではない
・・・と思えたりするから 愉快だ (笑)

自分が楽しんで来た「蛍狩り」であっても
積み重なり、その時間が経過してくると・・・
成る程「継続は力だなー」 と思えてくる。

過去のデータ 1


慈雲寺イト桜の満開日と  竹森川 蛍の多い日

     (ホタルの数が多い日)         (慈雲寺イト桜の満開日)
     例年は6月20日頃            例年は4月10日頃

     2009年6月22日            ・・・・・4月1日
     2010年6月27日           ・・・・・入院中でデータなし
     2011年6月26日           ・・・・・4月12日
     2012年6月23日           ・・・・・4月14日
     2013年6月24日           ・・・・・3月28日(新記録)
     2014年6月27日           ・・・・・4月07日
     2015年6月17日           ・・・・・4月02日
     2016年6月20日           ・・・・・4月03日
     2017年6月?            ・・・・・・4月13日



画像

                       画像解説=小田原城の主イヌマキ
                       豪壮な幹はねじれて天に向かう!
                       大人二人では幹を掴めない太さだ

                       江戸時代から平成まで 500年間を
                       観て来た木だが 「黙して語らない」

                       私は歴史は好きだが 「武士は」
                       誰であろうとも 嫌いだ!
                       刀と権力を使い教科書には載って
                       いないが人の心を抑圧した。
                       
                       反面、嘘を言わない自然の営みは
                       自然と頭(こうべ)が下がる!
                       そう考えるのは私だけか?



過去のデータ 2

・・・2015年 と 2016年の観測記録のアドレス
http://salontakemori.at.webry.info/201506/article_2.html

・・・2014年観測記録のアドレス
http://salontakemori.at.webry.info/201406/article_1.html

・・・2013年観測記録のアドレス
http://salontakemori.at.webry.info/201306/article_1.html

・・・2012年観測記録のアドレス
http://salontakemori.at.webry.info/201206/article_2.html

・・・2011年観測記録のアドレス
http://salontakemori.at.webry.info/201106/article_1.html

・・・2010年観測記録のアドレス
http://salontakemori.at.webry.info/201006/article_2.html

・・・2009年観測記録のアドレス
http://salontakemori.at.webry.info/200906/article_5.html


画像

                        画像解説=2017年元旦の初日の出
                        めでたい ダブルダイヤモンド富士
                        
                        我が家の初日の出より約50分遅く
                        テレビ画像で拝んだがワンダフル!
                        
                        今年は初日の出を 2回お参りした
                        きっといい年になるぞ! (笑)
                        と 自分に言い聞かせる。



今年の観測記録

早朝の散歩で桃農家のご主人から
今年は何事も 10日くらい遅いなー 
と 教わったが さてさて今年の蛍は
どうであろうか?



データ = 20時頃 玉宮小学校東 竹森川 「山の神橋」 注:1人とは三河のサル


5月23日(火) 微風 晴れ 0匹 1人・・・愛知から山梨に到着、無理と思うがそわそわして出かける
5月26日(金) 微風 晴れ 0匹 1人・・・少し寒いが出かけてみよう!・・・やっぱり今年は遅いかも
5月30日(火)  微風 晴れ 0匹 1人・・・無風で蒸し暑い日・・・いいコンディションだが残念でした。
6月01日(木)  弱風 晴れ 0匹 1人・・・庭のホタルブクロが咲いたひょっとすると思い出かけたが

・・・・・観察データ つづく・・・・・


画像

                         上の画像解説=三河のサル6月6日撮影
                     = ホタルブクロの野生種
                            NHK大河ドラマ、徳川四天王の一人
                            に数えられた井伊直政を育てた遠州
                            井伊谷の直虎が活躍した山地で種を
                            採集15年育て山梨の山の家に株分
                            けして順調に生育している。
                     さくらんぼ= 路地物のさくらんぼで品種は
                            「高砂」上品な酸味が特徴で人気
                            近年の品種改良物は甘すぎて高価
                     花器= 中国前漢時代の小壷 胴径8,5p
                            約2,200年前の灰釉陶器だが風化が
                            激しいので深化止めに禁じ手を使う。



2017年観測記録続き

6月6日(火) 弱風 曇り 0匹 1人・・・湿度が低い意外はホタル日和!だが残念、蛍とは関係しないが
                        今日はアイヌの日、思い出話を含め特記でお話しをしたい。
6月9日(金) 無風 曇り 1匹 2人・・・ホタル日和に期待を胸にヤッター メス1匹見っけ!車で様子見学
                        の人とすれ違う、彼も熱心な人だと思う。                    6月10日(土) 弱風 曇り 0匹 1人・・・湿度は上がり例年なら・・・と出かけるがホタルも見学者もいない。

6月11日(日) 弱風 曇り 0匹 7人・・・甲府盆地の風は気まぐれ出発時と帰る20分の間に無風となって
                         しまう、今日は観察地点へ30b付近でメスのホタル2匹発見。
6月12日(月) 弱風 曇り 0匹 1人・・・橋の上からは0匹、道中の水路付近でナミホタル5匹を観察できた
6月13日(火) 微風 曇り 0匹 1人・・・少し肌寒い、やはり0匹 道中で4匹確認した、今年は遅いな〜 
6月14日(水) 無風 曇り 0匹 1人・・・やはりホタルも10日ほど遅いのか? 道中で1匹観察できた。
6月15日(木) 微風 晴れ 2匹 3人・・・連日乾燥注意報が今年はおかしいな〜ついに飛翔する蛍発見
6月16日(金) 弱風 晴れ 6匹 4人・・・今年初めてホタルの飛び交う姿を見れて嬉しかった、ギャラリーも
6月17日(土) 弱風 晴れ 7匹 6人・・・土曜日だ地元の人たちが見学に訪れてくれた、嬉しい。

6月18日(日) 弱風 小雨 3匹 1人・・・今日は湿度もあり,ふた桁を期待したが気温が肌寒く期待はずれ
6月19日(月) 弱風 快晴 10匹 4人・・・いよいよふた桁、でも梅雨なのに「乾燥注意報」が発令中不思議だ
6月20日(火) 微風 曇り 14匹 6人・・・ホタルの飛翔する高さが低い、まだまだ数は増加する予想!
6月21日(水) 無風 曇り 8 匹 2人・・・無風で霧がかかった絶好の条件と思えたが肌寒い気温、残念だ!


・・・・・・・・・・・・・ 所用により今年の蛍観察は21日で終了 ・・・・・・・・・・・・・・


画像

                    画像解説= なつかしい「桑の実」が食べごろ
                    枝を揺さぶると落ちるくらいの実は凄く美味しい
                    実の色が黒ずんでいても引っ張るとプチッと
                    音がして採れる実は口に含むと少し酸味があり
                    独特の風味もあって私は好きだ。 6月5日撮影

                    5年ほど前、学習院出身のお嬢様に桑の実を
                    奨めたら一粒食べて止めてしまった、後日味が
                    悪かったのですか?と尋ねたら、幼少の頃母親
                    から「食べると赤痢になる」と教育されたという。
                    笑い話だが「美味しかったのでもっと食べておけば
                    よかったのに」と反省の言葉が返ってきた。(笑い)

                    童謡の「赤とんぼの歌詞」が懐かしく思出される
                    山の畑の桑の実を 
                    小かごに摘んだはまぼろしか


特記事項

1、6月6日は「アイヌの日」 半世紀以上前の思い出をご披露する
  十代の思い出にと 「初任給8,800円の給料」をコツコツと貯めて
  夢が一杯あると思えた「いきあたりばったりの北海道旅行」に出かけた。
  阿寒湖に泊まった夜観光用の「アイヌのイヨマンテ?見学」に行った!
  偶然飯田線開業時の測量を御手伝いしたアイヌの方とお話しする事が
  できた、当時アイヌの人は「しいたげられ」ていた。続きは特集を組もう!

2、7日、朝食を戴きながら、今年は「カッコーが鳴かないなー」と話をする
  何事も10日遅いと言った農家の人が思い出された、これが自然の営みか?

3、9日、今年初めてのホタルを発見した嬉しかった、帰りの道中懇意にしていた
  人が逝去して、初盆を迎えるA宅前でオスのホタル1匹見つける、そのオスの蛍
  5秒位い飛翔して生前大切にしていた松の木の枝ににとまる、あまりの偶然が
  重なったのでなぜか怖くなって・・・思わず合掌! 南無阿弥陀仏を唱える。

4、12日草の葉っぱの裏で弱い光を放すメスを見ていたら幼少の頃蛍狩りに行く!と
  言ったら「光がついたり消えたりするのはホタルだが光ったままはマムシだから」
  と注意されたことを思い出した、遠い昔の話、父親が逝ってもう45年・・・。

5、ヘルニアが快方に向かっていてもやはり坂道はきつい、肺もついて来れないので
  息があがる、それでも自然の営みは眼に焼き付けておきたい17日は4回休んで帰宅

6、早朝富士山に積雪を目撃、この時期(6月19日)では珍しい、どおりで昨晩は肌寒く
  ホタルの観察数が伸びなかった理由が解かった、この日の最低気温は14,5度C
  早朝散歩で指先が冷たかった、自然界は予測が付かないのが面白いのか?

7、今年は所要で観測が中断する事になってしまった、来年も黒い目で観察したい!


三河のサル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
竹森川山の神橋のホタル観察 2017年 サロン 竹森/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる